浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢 第3号 昭和29年3月発行

成等正覚について大野法道(1)
浄土教学の本質阿川貫達(5)
浄土論服部英淳(12)
平安時代に於ける浄土観の庶民性伊藤真徹(17)
浄土論 ー衆生の願楽としてのー峯崎成孝(26)
初期大乗に於ける本願の教義小沢勇貫(29)
四十八巻伝成立を繞る諸問題大橋俊雄(32)
三心について戸松啓真(36)
メナンドロスについて石黒弥致(39)
浄土曼陀羅と直観像心理律動野々村学念(45)
聖徳太子に於ける信の問題若林隆光(50)
観経縁起考 ー観経的思惟の成立基礎 第一部ー久米原達丈(54)
仏性論より見た中国の性説大村興道(58)
漢代の俗信を繞る問題 ー特に風俗通に見る応劭の立場についてー安居香山(62)
念仏と戒伊藤智源(65)
称名の言語学的考察魚尾晃久(67)
浄土の語について真野竜海(70)
明治仏教徒の危機意識と学問 ー福田行誡上人をめぐってー伊藤唯真(74)
北海道開教事情の史的考察須藤隆仙(77)
宗祖の無常観について中村良観(80)
仏教とギリシア霊魂観峯島旭雄(84)
三界と浄土佐藤賢順(87)
教学院研究所報(91)