浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢 第6号 昭和33年3月発行

教学に対する問題佐藤密雄(1)
法然教団の教団組織に就て ー特に法然上人御法語を中心としてー大橋俊雄(7)
仏性と浄土宗教義 ー道綽と涅槃経ー千賀真順(21)
「七箇条の起請文」に就いて阿川文正(26)
「十二問答」について梶村昇(32)
「三部経大意」について戸松啓真(37)
初期浄土教典籍の伝来についての一考察滝安雄(42)
隆堯法印の著書鈴木成元(49)
善導の実践的立場中岡隆善(54)
鎌倉時代に於ける諸宗融会合行説 ー特に無住一円についてー伊藤真徹(58)
部派諸説の三世区分について宅見春雄(63)
宗教的状況の転機としての死竹中信常(66)
貞慶の釈迦信仰の系譜成田貞寛(72)
金剛針論漢訳攷香川孝雄(76)
宗教的実存 ーG・マルセルについてー峰島旭雄(79)
補陀落信仰の性格成田俊治(84)
起信論の観について松濤誠簾(89)