浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢 第9号 昭和37年3月発行

法然上人の御忌について伊藤真徹
浄土観の系譜佐藤賢順一四
選択集への心理学的アプローチ竹中信常二三
智光の浄土教思想研究序説明山安雄三二
法然とその教団に対する弾圧運動について成田俊治四六
法然教学における業香川孝雄六三
二祖の位置づけ鈴木成元六七
善光寺における浄土教的性格の確立に関する私見鷹司誓玉七〇
法然の他力観について松崎可定七六
善導教学における苦楽の理解三枝樹隆善七八
世親菩薩の報身論金子真補八二
如来蔵思想経論の成立とその相互関係石橋真誡八五
葬送儀礼と祖先供養鴫谷円我八八
西福寺の成立について佐藤行信九二
「迷信」の機能とその心理性藤井正雄九四
「金剛宝戒真偽弁」について峰島旭雄九六
南都浄土教と光明山寺をめぐる一考察明山安雄一〇三
法然上人の回心と聖道門との関係について伊藤真徹一〇六
善導の十徳大橋俊雄一一三
「称名」の原語について香川孝雄一一六
諸行生不論金子真補一二〇
別所と散所鴫谷円我一二五
法然の荼毘に関する疑問鈴木成元一二八
叡尊の僧宝建立の精神成田貞寛一三一
法然上人の起行に於ける規定と無規定別府信空一三五
善導教学に於ける罪悪意識三枝樹隆善一三七
示観凝然「往生論註義」について峰島旭雄一四〇
道宣の戒律観の一考察宮林昭彦一四四
熊谷蓮生房の浄土信仰阿川文正一四八
ハリバドラ小註の研究(二)真野竜海一六八
第六回浄土教学大会記事一五三
第七回浄土教学大会記事一五四