浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢 第17号 昭和48年3月発行

浄土教と如来蔵思想香川孝雄3
浄土開宗以前における法然上人 ー批判精神と宗教的人格への敬慕ー藤堂恭俊11
古典文芸に描かれた法然上人像の研究 ー説話文学を中心としてー榊恭純20
京都十九箇寺考中井真孝28
維新浄土宗の基礎的研究 ー変革期に見る知恩院の実情ー野田秀雄37
法然上人の選択の意義津村諦堂47
法然上人の環相廻向土屋光道53
「捨閉閣抛」の文に関して伊藤正穏58
法然上人の思惟の特性 ー選択の基礎ー松崎可定62
法然教学の主体性 其十四 ー元祖の次元観ー高橋松海65
浄土教と恩思想 ー特に法然上人を中心としてー大南龍昇69
法然上人の「三昧発得記」の研究 ー醍醐・報恩院本を中心としてー嵐瑞澂75
「順彼仏願故」について福富海岳79
福富海岳師の「開宗の文」に関する発表ついて服部英淳82
宗義の新しい表現について藤吉慈海85
浄土宗義の理解について ー阿弥陀仏論ー小林尚英89
浄土宗義の理解について ー念仏論を中心にー福原隆善93
浄土宗義の表現 ー安心を中心としてー広川尭敏97
浄土宗義の表現について ー起行を中心としてー金子寛哉101
浄土宗義理解の一視点 ーとくに「彼此三業不相捨離」をめぐってー藤本浄彦105
浄土宗義における往生の理解 ーとくに浄仏国土思想との関連においてー真田康道109
法然上人の思想的位置づけと価値論 ー浄土宗の教えと現代思想ー河波昌114
宗学と神学(6) ーその諸問題ー峰島旭雄117
自然虚無之身について金子真補121
発願文の読み方について三枝樹隆善125
当麻曼陀羅下縁九品の絵相について塩竃義弘132
浄土宗と存覚三田全信136
関東十八檀林制度の確立 ー特に檀林住持の選出方法についてー宇高良哲140
称念上人の『甘露苑』について伊藤真徹144
江戸時代に於ける専修念仏と現世祈祷井川定慶148
如来蔵思想研究序説藤堂俊英153
南海寄帰内法伝と医学 ー個人衛生を中心としてー杉田暉道156
末法入年仏教伝来説について若林隆光162
創唱的宗教と民族的宗教との接点中村康隆165
岩手の念仏剣舞の研究吉田光覚167
AdisesaのParamarthasara試訳(1)武田耕道171
<シンポジウム>開宗ハ百年を如何に生かすか吉水智承(問題提起者)・深谷常玄・宮林昭彦177
彙報191