浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢 第23号 昭和54年10月発行

法然の『往生要集』諸釈書について福原隆善3
法然上人の易行について津村諦道7
法然上人の念仏三昧について ー第九観釈に関連してー服部正穏13
法然上人の思惟の特性 ーその基本的構造ー松崎可定16
法然教学の主体性 其二十七 ー一枚起請文の主体と展開ー高橋松海19
良忠上人の宿善観について稲岡了順23
聖冏教学における性頓と相頓服部淳一27
中国浄土教祖師の無量寿経引用文金子寛哉30
『法事讃』儀礼の構造三枝樹隆善34
浄土経の倫理思想(観経について)吉田光覚39
浄土教思想の把捉 ー法然浄土教と親鸞浄土教ー峰島旭雄43
円光大師号勅許一件について宇高了哲46
『古徳伝』に記載された「善導伝」の特異性について阿川文正51
法然上人と熊野三田全信56
専念寺隆円と往生論大橋俊雄60
維新期の浄土宗(五)一心院雷雨の伊勢下向について野田秀雄66
播州清水寺所蔵の末代念仏授手印について嵐瑞澂71
近代における浄土宗の教育制度について ー特に大教院時代を中心にー野村恒道75
矢吹慶輝の社会思想芹川博通80
経典訓読の問題点宝田正道83
宗門子弟育成に関する調査・現状と将来土屋光道88
アスト山憲章についての若干の問題清水澄91
インド哲学史における心の発見村上真完95
初期仏典における「沐浴者(snataka)」本庄良文99
辟支仏と過去仏真柄和人103
煩悩の本質について大成善雄107
小品系般若教における五蘊説原裕111
アジャセについて松永知海115
jitariのSugatamatavibhanga-karikaについて白崎顕成119
馬鳴寺根法師碑について八木宣諦124
当麻曼陀羅極略談について塩竈義弘128
浄土宗第一次訪中団報告竹中信常135
佐藤成順144
シンポジウム
浄土宗における戒のあり方151
彙報185