浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢 第25号 昭和56年11月発行

道綽禅師の浄土教への帰入 ーその動機ー佐藤成順7
十夜法要と十夜講鷲見定信14
祖意の現代的実践吉田光覚23
聖浄二門判への一考察久米原恒久26
法然上人の浄土観に関して服部正穏30
良忠上人の懐感引用(一)金子寛哉32
聖冏教学における学問的性格の一考察服部淳一37
珍海伝について坂上雅翁41
善導大師の夢霊について藤吉慈海44
浄土三部経の施設学的考察山本啓量48
指方立相の理解 その二 ー価値的心像の建立松崎可定51
高弁の華厳観石崎真誡55
「近縁」論考河波昌58
Samathadevaの倶舎論註 ー中阿含の組織の若干に就いてー本庄良文60
初期大乗経典の対告衆について原裕64
Tarkasopanaにおける能証とその三条件に関する問題点森山清徹67
JitariのBodhyapattidesanavrttibodhisattvasiksakramaについて白崎顕成71
馬鳴寺根法師碑について八木宣諦124
イシハズモスの心 cardiaについて清水澄75
当麻曼陀羅考 ー宝池会の背相菩薩についてー塩竈義弘80
呑竜講の成立と展開川添崇祐83
呑竜信仰の実態鷲見定信88
大光院開山然誉呑竜について宇高良哲92
『近世往生伝』に見える悪人往生について大橋俊雄96
東国の念仏者塩谷朝業について野村恒道100
光明の本質について大成善雄104
法然教学の主体性 其三十三 ー極楽及び阿弥陀仏の遠祖に就いてー高橋松海108
念仏修養会構想について ー第六期全浄青提唱者ー桂大〓112
伝道の助業としての宗内文書 ー宗務当局への一つの意見ー宝田正道117
七箇条制誡の人名について中野正明121
五重伝法における口授法について鈴木霊俊125
矢吹慶輝の社会事業思想芹川博通130
一枚起請文の起請について松島定宣134
特別講演
法然上人とその時代水野恭一郎141
日中仏教交渉史上における善導大師戸松啓真154
シンポジウム
“いのち”を考える171
彙報195