浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢 第29号 昭和60年9月発行

法然門下における関東武士 ーとくに真言宗との関連を中心としてー小此木輝之7
良忠上人の研究 ーその外学思想を中心としてー宮沢正順15
『黒谷上人語燈録』の基礎的研究 ー特に漢語燈録についてー中野正明22
支謙訳『大明度経』の訳語の特徴勝崎裕彦31
聖光上人の仏教観戸松義晴43
三祖教学の一考察宮沢正順47
良忠上人の懐感観金子寛哉51
四十八巻伝における往生論と往生伝大橋俊雄55
日本天台と法然門下(一) ーとくに証空を中心としてー広川堯敏58
隆寛作「法然上人伝」について ー特に浄華院の成立をめぐってー宇高良哲62
南岳慧思の忍辱行について安達善教67
崔浩について峯崎秀雄71
大玄の偽書の取り扱いについて服部淳一75
『釈浄土群疑論』における仏身仏土論村上真瑞79
隆闡碑の建碑地について八木宣諦82
罪悪と滅罪 ー善導を中心としてー小林尚英87
地論学派の思想的系譜石橋真誡91
江戸期藤田派系寺院の処遇II藤本顕通94
浄土三部経の哲学山本啓量97
増上寺々領支配について小此木輝之101
浄仏国土思想について北崎耕堂105
俊隆の当麻曼陀羅資講 ー特に定善十三観についてー塩竈義弘108
浄土教起源論再考 ー阿弥陀仏を中心としてー竹中信常112
念仏の意義について津村諦堂117
浄土教思想の社会観(二) ー弁栄と戒浄ー芹川博通121
浄土教と因果応報伊達亮芝125
生命尊重の保育についての一考察家田隆現129
初期仏典と論書の伝承史研究に向けて榎本文雄134
カマラシーラの有相・無相唯識批判 ー瑜伽行中観派とは何かー森山清徹138
Jitariの唯識批判(I) ーJitariとRatnalarasantiー白崎顕成142
ビルマ上座部九宗派について生野善応146
『往生論註』所説「紹隆三宝常使不絶」の一考察 ー鳩摩羅什・僧肇の理解とをめぐってー服部純雄151
『実隆公記』に見える法然書状について福田行慈154
『マハーヴァスツ』の諸写本真泉善章158
北部タイ新出相応部写本研究(一)松濤泰雄161
聖光上人と『末代念仏授手印』阿川文正169
彙報191