浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢第37号

『法然上人伝法絵』(四巻伝)の諸本について中野正明3
源空の著名 ー名号資料からー八木宣諦7
新出・七寺蔵『頭陀経』について ー対応経典とその内容について(1)ー榎本正明12
七寺一切経と法勝寺金字一切経落合俊典16
祭文の研究 ーデロレン祭文と江州音頭の関わりについて加藤善也20
『円光大師行状画図翼賛』にみえる『九巻伝』別府一道27
東北地方の遺像に伝わる金光上人関連伝承遠藤聡明32
金光上人遺蹟寺院別資料整理 ー石垣・観音寺ー金子寛哉35
当麻曼陀羅における文殊菩薩像塩竃義弘39
四念住の一考察西村実則43
『般舟三昧経』諸異訳における支婁〓(迦の旧字体)讖訳三巻本の特色林純教47
王日休『龍舒浄土文』の影響(二) ー巻第六「特為勧諭篇」を中心としてー林田康順51
中国浄土教の展開と『抱朴子』宮澤正順56
『義楚六帖訛』考山路芳範61
北魏太武帝の仏教観春本秀雄65
善導大師の信仰 ー広懺悔御文の出典についてー法山直然69
浄土宗歌謡史(1)伊藤真宏72
浄土教系信仰運動・一味会の弥陀観武田道生75
「一枚起請文」における五段階表記と句読点安井隆同79
彙報83
根本説一切有部律〓(牛+建)度部の研究(7)Pandulohitakavastu ーPandulohitakavastu にみられる修行階梯<其の二>ー山極伸之3
業観の変遷 ー仏陀の宿業を中心としてー平岡聡9
Tattvartha(V) ー四大種について(2)ー松濤泰雄14
馬鳴作『サウンダラナンダ』第13章、22 - 26本庄良文19
阿含経典中に散在する地獄関係の資料整理(一) ー特に『雑阿含経』508〜534経についてー牧達玄25
Pamuncantu saddham 再考 ー「信を発こせ」か「信を捨てよ」かー村上真完28
後期中観派と形象虚偽論者森山清徹34
JitariとHaribhadra白嵜顕成43
サンガの理解について ー来迎するのは誰かー袖山栄輝47