浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢 第40号

『般舟三昧経』西蔵訳および諸漢訳における比較研究(三)林純教
至游居士曽慥と廬山について宮澤正順一三
法然上人の「本願成就文」について金子寛哉一九
当麻曼陀羅転写作成の意義について塩竃義弘二六
三心具足と機の問題神谷正義三三
増上寺と徳川家光の関係について吉水成正四〇
北魏法難の研究(3)春本秀雄四七
法然上人『孝養名号』相伝次第石畠俊徳五四
『十二問答』の伝承形態 ー良忠の引用とその系統ー小林清尚六二
江戸時代の金光上人顕彰運動(2)遠藤聡明七〇
法然上人『往生要集詮要』の研究 ー特に往生階位釈についてー林田康順七七
増上寺第三十六顕誉祐天と桂昌院巖谷勝正八六
聖冏上人の教判について ー大玄『深玄鈔』を中心にー吉水義浩九三
彙報九七
初期の仏教における分析的思考と人間存在 ー無我説と輪廻する私(aham)ー村上真完
『釈淨土群疑論』索引作製の詳細村上真端一三