浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢第49号

基調講演「浄土宗義と共生」高橋弘次1
特別部会「共生の実践(各宗の宗義と共生の実践)」20
シンポジウム「共生の実践(私の共生についての理解と実践)」55
元暁『阿弥陀経疏』について飯田元紀90
隆寛の別時念仏講について伊藤茂樹100
『選択集』第八章至誠心釈について上野忠昭106
寛政・享和年間の津軽領内浄土宗寺院の動向遠藤聡明113
宗教ツーリズムをめぐって小川慈祐120
法然和語文献の研究 −『正如房宛消息』『大胡宛消息』『浄土宗略抄』『往生大要抄』 『御消息』第一通の比較研究−角野玄樹127
「空也誄」と平安仏教工藤和興133
浄土教における往生の諸相 −道綽における念称への一考察−粂原恒久139
良忠『浄土宗要集聴書』に見られる聖光の法語について郡嶋昭示147
善導の浄土教儀礼における通俗性齊藤隆信153
『無量寿経』所説の「普賢之徳」について柴田泰山163
九条兼実の信仰世界(二)九条兼実−帰依これふかし尊崇尤切也−東海林良昌169
『大阿弥陀経』に於ける光明と聞我名字 −『無量寿経』研究の一視座として袖山栄輝177
法然浄土教と臨終行儀曾根宣雄184
善導の十悪懺悔文田中芳道191
選択本願念仏と結帰一行三昧林田康順200
忍澂上人の蓮社号について松永知海208
寺院経営の問題と対策 −アンケート調査の結果報告−水元明法213
袋中上人の一切経蒐集について三宅徹誠229
『釈浄土群疑論』に説かれる三階教批判(その1)村上真瑞237
カマラシーラの『金剛般若経釈』と中観思想の形成 −経量部説と唯識説の吟味森山清徹246
明恵『摧邪輪』の法然批判再考吉田淳雄268
道信の一行三昧 善導との比較を通じて−吉水岳彦260
『往生要集』説示の往生について和田典善275
社会変化と浄土教今岡達雄283
与謝蕪村と見性寺梅田慈弘297
日清戦争前後にみる浄土宗のアジア認識 −『浄土教報』を中心に−江島尚俊306
祭文の研究 文芸にあらわれた熊生蓮生法師−加藤善也312
法然上人二十五霊場の詠歌について(4)加藤良光319
本山蓮華寺蔵『五巻伝』における一向上人の奇跡について竹内真道325
三祖良忠上人と宇治志津川の記主庵成田勝美332
古典の中の仏教説話と布教吉田祐倫340
僧の復権について(1)三宅敬誠347
僧の復権について(2)横井照典353
教化活動の一助としてのカウンセリング畦昌彦356
中国仏教信仰の現状 −吉林省長春市の例−曽田俊弘359
布教としての知恩院御忌(二) −唱導他の釈文を作成して−秦博文365
浄土宗声明の譜表等に関する一考察(IV)廣中宏雄1
彙報375
編集後記378