浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢第50号

基調講演 「いのち」について ―法然上人を中心に―丸山博正1
シンポジウム(1)「生命」から「いのち」へ鷲見定信・廣瀬卓爾・司馬春英・藤堂俊英・峰島旭雄・林田康順20
シンポジウム(2)「いのち」を考える ―臓器移植をめぐる現況と問題点―坂上雅翁・武田道生・水谷浩志・今岡達雄・林田康順68
(研究発表―論文―)
永観の仏身観 ―三論教学より見る『往生拾因』の所説―朝岡知宏115
『往生論註』にみられる自力・他力について ―難易二道の引用意図を通じて―石川琢道121
『倶舎論』における言依(kathavastu)について石田一裕129
法然上人の教化 ―三心について―伊藤弘道136
文化年間の津軽領内浄土宗寺院の動向遠藤聡明143
スペインにおける宗教とツーリズム ―宗教的伝統からツーリズムへの移行に貢献した人物―小川慈祐150
行具の三心考角野玄樹157
迦才『浄土論』における化土解釈工藤量導163
念仏仏出世本懐について ―聖光『浄土宗要集』を中心に―郡嶋昭示172
春日部圓福寺の木彫当麻曼陀羅について塩竈義弘179
『無量寿経』所説の「慈氏菩薩」について柴田泰山184
『無量寿経』「無量寿仏声」をめぐって袖山榮輝192
凡入報土の論理 ―「浄土立宗の御詞」を通じて―林田康順199
法然上人における二種深信について藤本淨孝207
寺院経営の問題と対策 ―サーベイとケース・スタディによる総合的研究―水元明法214
懷感の年代再考村上真瑞223
飛錫の「是心作佛是心是佛」釈吉水岳彦229
平安往生伝における往生の証拠について吉水英之236
『往生要集』における迦才『浄土論』和田典善245
(研究発表 ―研究ノート―)
科学技術の進歩と浄土教今岡達雄253
伊南村五十嵐孫助の浄土宗信仰について巖谷勝正263
祭文の研究−瞽女唄とのかかわりについて−加藤善也273
椎尾辨匡師著『國體と佛教』について加藤良光280
渡辺海旭上人の社会事業西城千珠286
和歌山県下に於ける徳本名号碑等の調査報告と徳本行者熊野巡錫の一考察塩路善澄293
高祖の呼称について ―御諷誦の釈文を作成して気づいたこと―秦博文300
備後浄念寺所伝麻布彩色幕について― 日月の幕〈日本歴史地名大系「広島県の地名」〉は聖衆来迎図―三輪晴雄307
勤皇僧・神原精二伝吉田祐倫314
(共同研究発表 ―研究ノート―)
信仰のコミュニティづくり〈I〉三宅敬誠321
信仰のコミュニティづくり〈II〉横井照典327
(研究発表 ―エッセー―)
教化活動にいかすカウンセリング畦昌彦330
『三宝絵』に於ける仏教説話からの所感梅田慈弘336
三祖良忠上人の回心とその時期成田勝美343
ハンセン病差別問題啓発について樋口伸生350
彙報360
編集後記363
(研究発表 ―研究ノート―)
浄土宗声明の譜表等に関する一考察(VI)廣中宏雄1