浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢第54号

基調講演 「五重相伝について」柴田哲彦1
シンポジウム① 「五重相伝の歴史と現状」宇高良哲・正村瑛明・
横井照典・今岡達雄
24
シンポジウム② 「五重相伝のこれから」後藤真法・日下部謙旨・
西城宗隆・林田康順
64
(研究発表 ─論文─)
〈無量寿経〉発起序の一考察石田一裕122
「唐律」と中国浄土教
─善導教学に見る「実存主義」的思想─
稲岡正順130
万延以降の津軽領内浄土宗寺院の動向遠藤聡明139
宗教とツーリズム
─サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼から考える─
小川慈祐145
迦才『浄土論』における吉蔵の影響工藤量導152
聖光の浄土教思想に見られる対他宗的要素について
─三部経の扱いを中心に─
郡嶋昭示161
昭和前期における「宗教的情操」教育
─雑誌『教育と宗教』からの一考察─
齋藤知明168
法然浄土教における往生浄土
─『三部経釈』における極楽浄土の説示─
齋藤蒙光177
『無量寿経』所説の世自在王仏について柴田泰山184
法然上人の万徳所帰論について曽根宣雄191
永観の念仏観高瀬顕功197
獨湛と浄土宗の諸師─忍澂と義山を中心にして─田中芳道206
『称名念仏奇特現証集』における奇瑞について
─往生伝との比較─
永田真隆212
良忠述『観経疏伝通記』における引用典籍について
─元照『観経新疏』を中心に─
沼倉雄人218
仏教と女性 ─法然における女人教化─野笹浄照227
法然上人「選択」思想の成立とその意義林田康順236
東向観音寺蔵良忠撰『浄土宗要集』について南 宏信244
養鸕徹定の著作より見る袋中蒐集一切経とその来歴三宅徹誠253
『釋淨土群疑論』に説かれる浄土の三界摂不摂論と善導教学との関係村上真瑞264
ソーシャル・キャピタル論を適用した宗教研究の成果と展望横井大覚270
「宗」の三義説─独尊・統摂・帰趣─(1)吉水岳彦278
(研究発表 ─研究ノート─)
木魚念佛不退圓説上人研究(1)
─不退上人像とその胎内文書について─
伊藤正芳286
医療技術の進展と浄土教今岡達雄297
「仏教福祉」述語整理上の問題点①上田千年303
五重相伝における日課誓約について
─隆圓上人を中心として─
大田珠光309
祭文の研究─曽根崎心中観音廻りと聖衆来迎─加藤善也318
昭和十八年『共生』誌における椎尾辨匡師の言説について加藤良光325
五重相伝について─浄土宗西山派との比較─成田勝美 331
ヨコ社会の確立と五重講の役割(Ⅰ)三宅敬誠339
(研究発表 ─エッセイ─)
『元祖大師御法語』の現代語訳本を出版して鈴木知見 346
ヨコ社会の確立と五重講の役割(Ⅱ)横井照典 353
彙報356
編集後記360
(研究発表  ─論文─)
〈無量寿経〉の須弥山の有無をめぐる問答齊藤舜健1
Ārya-Vimuktisena によるAbhisamayālamkāravrtti
の第8章と奥付─梵文写本とその内容
中村法道13
(研究発表  ─研究ノート─)
浄土宗声明の譜表等に関する一考察(X)廣中宏雄21