浄土宗教学院ホームページ

佛教論叢第55号

基調講演 『法然上人伝』の成立について中井眞孝1
シンポジウム 法然上人伝についてパネラー/野村恒道・
善裕昭・大澤亮我・粂原恒久
司会/中野正明
20
一般研究発表(研究発表 論文)
永観の仏身仏土観 ―『往生拾因』「第八因」の『安楽集』引用箇所を中心に―朝岡知宏93
明末における『楞厳経』註釈書について 石上壽應 100
浄土宗侶の徳川物語 ―『松平祟宗開運録』をめぐって―石川達也 107
法要儀式としての『知恩講私記』伊藤正芳 115
再生医療の倫理的問題点今岡達雄 125
「仏教福祉」述語整理上の問題点②
―水谷幸正氏所説「仏教即福祉」は排されるべき概念か?―
上田千年 132
「指標の交代」からみる日本近代仏教 
―研究方法に関する一試論―
江島尚俊 139
元禄年代の津軽・南部領に来訪した
廻国、開帳、説法、勧進
遠藤聡明 146
祭文の研究 ―祭文語りの伝承―加藤善也 152
堀井慶雅上人 その思想と行動西城宗隆 160
法然の念佛思想における本願の意義齋藤蒙光168
極楽の「極」をめぐって袖山榮輝 175
戴冠仏の起源 ―『華厳経』にみる冠―西村實則 183
法然上人「選択」思想成立の背景林田康順 190
法然上人における諸行と共生村上真瑞 199
『義楚六帖校訛』考 2山路芳範 206
(研究発表 論文 共同研究)
浄土宗祖師の教説と福祉思想② 法然曽根宣雄 213
浄土宗祖師の教説と福祉思想③ 聖光郡嶋昭示 221
浄土宗祖師の教説と福祉思想④ 良忠永田真隆 228
浄土宗祖師の教説と福祉思想⑤ 聖冏吉水岳彦 236
(研究発表 ─研究ノート─)
仏教と科学 ―その意義と研究方法―石田一裕 246
近代浄土宗教育史研究のこれまでとこれから齋藤知明 252
『讃岐の法然上人』について佐々木諦道 262
自然科学の勉強をしましょう佐藤堅正 273
仏教者の路上生活者支援における現状と課題髙瀨顕功 277
「月影」の歌の解釈について花木信徹 288
教団組織のあり方 講組織を理想とする教団づくり横井照典 294
良忠上人における見仏について沼倉雄人 298
(研究発表 ─エッセイ─)
蕪村を育む母の愛 ―波乱に富んだ幼少時代―梅田慈弘 306
宗教とツーリズム ―巡礼とその文化的装置―小川慈祐 313
「念佛往生」を決定づけるものは何か 成田勝美 320
彙報 327
大会記念集合写真 331
編集後記 332
(研究発表  論文)
遺族における法事の心理的役割の検討
―法事は悲しみを癒すか―
井上広法1
Yoga-sūtra Bhās ya Vivarana試訳
                     ・              ・
(2章-29~2章-13)
近藤辰巳13
〈無量寿経〉における「無量寿」の意味齊藤舜健 20
有漏業による業滅 
―四無量心に関する上座部註釈を通して―
清水俊史 29