浄土宗

浄土宗教学院ホームページ

平成28年度行事予定(研究会)

総合学術大会はこちら>>

公開講座はこちら>>

提携講座はこちら>>

平成27年度行事記録>>

平成28年度 浄土宗教学院(東部)研究会のご案内

 浄土宗教学院では、研究者の研究成果の一端を広く公開・発表することを目的として、東部・西部においてそれぞれ研究会を企画しており、 このたび、下記の日程にて東部研究会を開催いたします。貴重な機会ですので、ぜひともご参加ください。


講題・講師
「廬山寺本研究の現状と課題」
 春本 龍彬 氏 (大正大学大学院博士後期課程)
 法然上人の主著である『選択本願念仏集』には「往生院本」、「延応版」、「義山版」などといった数多くの諸本が現存しているが、京都市上京区、浄土宗大本山清浄華院に隣接する天台宗の寺院、廬山寺には建久九年(一一九八)、法然上人が六六歳前後の時に初めて撰述した『選択本願念仏集』と考えられる古鈔本が伝承されている。
 今回は未だに謎が多い「廬山寺本」を取り上げ、「廬山寺本」研究の現状とその課題について述べてみたい。
「『茶店問答』と『茶店問答弁訛』について
 ―江戸期における浄土宗・真宗の論争に関する一考察―」
星 俊明 氏 (大正大学大学院博士後期課程)
 浄土宗の普済道人の『茶店問答弁訛』により激しい批判を受けることとなった。
従来、これは江戸期における「浄土宗と真宗の論争」の一つとして理解されてきているが、はたして本当にそうなのだろうか。
 本発表では両書の考察を行い、新たな視座を検討したい。

浄土宗教学院(西部)研究会のご案内

 浄土宗教学院(西部)におきましては、下記のとおり研究会を開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。多数のご来聴をお待ちいたしております。


講題・講師
業の思想をどう捉えるか
 本庄 良文 氏 (佛教大学仏教学科教授)
浄土宗の教えを念頭に置きながら、以下のような内容で業思想の概説をします。
(1)起源 (2)仏教における位置づけ (3)意味 (4)三原則 (5)業と運命 (6)主要な業 (7)業の分類 (8)深信因果 (9)業因業果は不可思議なり (10)業説は内省的なもの (11)大乗仏教における「規制緩和」① 懺悔 ② 随喜 ③ 廻向
転重軽受の思想史 ―特に浄土教について―
小川 法道 氏 (佛教大学大学院博士課程)
大乗仏教における業思想は、空の観念より業報を軽減することができるという「転重軽受」の思想がある。この「転重軽受」とは、仏力や懺悔、智慧の力などで重い業の報いを転換させて軽く受けさせる作用のことである。本稿では、この「転重軽受」の思想史を概観していき、業報を軽減するはたらきを持つ「転重軽受」の思想がどこを起源とするのか、また浄土教において「転重軽受」がどのような役割を果たしたかについて考察していく。
お問い合せ 浄土宗教学院
〒605-0062 京都市東山区林下町400-8(浄土宗教学局内)
TEL(075)525-0480 FAX(075)531-5105