浄土宗

浄土宗教学院ホームページ

平成28年度行事予定(研究会)

平成28年度 浄土宗教学院(東部)研究会のご案内(終了しました)

 浄土宗教学院では、研究成果の一端を広く公開・発表することを目的に、以下のとおり研究会を開催いたします。
 どなたでもご参加いただけますので、この機会にぜひともご参加ください。


講題・講師
「禅那院珍海が定義する「信心」と「決定」の関係性」
 成瀬 隆順 氏 (教学院会員/早稲田大学大学院博士課程)
 平安後期に東大寺で活躍した三論宗の珍海は、浄土教に関する主著である『決定往生集』の冒頭で「言決定往生、是浄教之宗旨也。」と述べ、西方極楽浄土への「決定往生」が浄土教においては根本的な教義であると述べている。本書は「信心」による「決定」を十門に分科し詳論しているが、珍海の思想に直接的な影響を与えた浄影寺慧遠と吉蔵の文献を中心に用いて、そこに説かれる「信心」と「決定」の関係性を検討したい。
「源信の義科書とその思想」
栁澤 正志 氏 (早稲田大学非常勤講師/天台宗典編纂所研究員)
 源信を語る時、日本浄土教の祖をいう側面が強調される。しかしながら、源信の思想の根幹が天台教学にあることは言を俟たない。日本天台では特に摂関期以降、論議の手引き書ともいうべき義科書が多く作られ、源信にも複数の著作がある。本発表では、天台教学研究の成果でもある義科書を通して、日本天台の学僧としての源信の思想を論ずる。