浄土宗教学院ホームページ

平成14年度浄土宗総合学術大会詳細

平成14年9月9日~10日、下記の要領のごとく浄土宗総合学術大会が開催されました。

  • 日時:平成14年9月9日(月)午前9時~午後5時、10日(火)午前9時~午後3時半まで
  • 場所:佛教大学
  • 特別講演:「還愚往生」/坪井俊映台下
  • シンポジウム:「愚者の自覚をどう説くか」 ―自身へ家庭へ社会へ―
シンポジウム
テーマ「愚者の自覚をどう説くか」―自身へ家庭へ社会へ―
パネラー
  • 白旗文雄(浄土宗保育協会事務局長)
  • 鈴木超淳(総本山知恩院布教師会会長)
  • 松田等照(浄土宗布教師会参与)
司会
  • 広瀬卓爾(佛教大学応用社会学科教授)

大会プログラム

大会スケジュール
9月9日(月)
9:00 受付
9:30 開会式
10:00 一般研究発表
12:00 休憩
13:00 特別講演(坪井俊映台下)
14:30 講演後記念撮影
15:00 シンポジュウム(問題提起)
17:00 終了予定
9月10日(火)
9:00 一般研究発表
12:00 休憩
13:00 合同総会
13:30 シンポジュウム(討論)
15:30 閉会式
大会日程
9月9日(月)
9:00 受付 5号館1階正面フロア
9:30 開会式 5号館1階5―101教室
10:00 一般研究発表 第1部会 5号館2階5―201教室
第2部会 5号館2階5―203教室
第3部会 5号館3階5―301教室
第4部会 5号館3階5―302教室
第5部会 5号館3階5―204教室
12:00 昼食
13:00 特別公演 5号館1階5―101教室
「還愚往生」 坪井俊映台下(大本山金戒光明寺法主)
14:30 記念撮影 7号館西側階段
15:00 シンポジウム(問題提起) 5号館1階5―101教室
テーマ「愚者の自覚をどう説くか ―自身へ家庭へ社会へ―」
  • 問題提起者:白籏文雄(浄土宗保育協会事務局長)
  • 問題提起者:鈴木超淳(総本山知恩院布教師会会長)
  • 問題提起者:松田等照(浄土宗布教師会参与)
  • 司会:広瀬卓爾(佛教大学応用社会学科教授)
9月10日(火)
8:30 受付 5号館1階正面フロア
9:00 一般研究発表 第1部会 5号館2階5―201教室
第2部会5号館2階5―202教室
第3部会5号館3階5―301教室
第4部会5号館3階5―302教室
12:00 昼食
13:00 合同総会 5号館1階5―101教室
13:30 シンポジウム
(討論)
5号館1階5―101教室
テーマ「愚者の自覚をどう説くか ―自身へ家庭へ社会へ―」
  • 問題提起者:白籏文雄(浄土宗保育協会事務局長)
  • 問題提起者:鈴木超淳(総本山知恩院布教師会会長)
  • 問題提起者:松田等照(浄土宗布教師会参与)
  • 司会:広瀬卓爾(佛教大学応用社会学科教授)
15:30 閉会式 5号館1階5―101教室

大会部会発表順・部会責任者一覧

第1部会
9日(月)
10:00 1.『往生要集』における臨終行儀について 和田典善
(大正大学大学院)
2.『往生要集』の凡夫観 神宮良弘
(大正大学綜合佛教研究所)
3.東大寺講説「三部経釈」における勝劣説をめぐって 林田康順
(浄土宗教学院・大正大学)
11:00 4.『逆修説法』所説の白毫観について 松井弘忠
(大正大学大学院)
5.浄土五祖について 日野崇雄
(山形教区浄土院)
6.『名越派入寺帳』について ―新出史料を中心として― 吉水成正
(大正大学講師)
10日(火)
9:00 1.法然浄土教における宗教体験の研究 ―「夢感聖相記」を中心に― 鈴木隆朋
(大正大学大学院)
2.『西宗要』における『観念法門』の引用について 郡嶋昭示
(大正大学大学院)
3.『選択集』第八章私釈段の理解 兼岩和広
(佛教大学大学院)
10:00 4.専念寺隆円の思想再考 神居文彰
(佛教大学非常勤講師)
5.「一念信心事」について 曽田俊弘
(浄土宗総合研究所)
6.『五百年遠忌記念帖』における聖冏像 服部淳一
(埼玉工業大学)
11:00 7元文・寛保・延享・寛延年間の津軽領内浄土宗寺院の動向 遠藤聡明
(青森教区来迎寺)
8.黄檗版大蔵経『全蔵漸請千字文朱点』について 松永知海
(佛教大学)
第1部会責任者 林田康順(9日)・松永知海(10日)
第2部会
9日(月)
10:00 1.曇鸞「二種法身説」の思想背景について 石川琢道
(大正大学大学院)
2.隋代佛教の浄土観 柴田泰山
(浄土宗総合研究所)
3.『釈浄土群疑論』に説かれる抑止門と摂取門 村上真瑞
(佛教大学)
11:00 4.道綽における相・無相論への一視点 粂原恒久
(浄土宗教学院・大正大学)
5.道綽浄土教の往生行について 佐藤健
(佛教大学)
6.道綽禅師の浄土念仏 福原隆善
(佛教大学)
10日(火)
9:00 1.善導『観経疏』における念仏三昧 柴田宗山
(大正大学大学院)
2.観経の宝樹観について 法山直然
(京都教区國生寺)
3.「去此不遠」の釈をめぐって 金子寛哉
(大正大学)
10:00 4.曇鸞「調気論」の王劭と聖武天皇「雑集」の王居士について 宮澤正順
(大正大学)
5.廬山慧遠の生誕地について 坂上雅翁
(淑徳大学)
6.『決定毘尼経』における「三事」について 中御門敬教
(知恩院浄土宗学研究所)
11:00 7観世音菩薩授記経と如幻三昧 齊藤舜健
(浄土宗総合研究所)
8.『七百頌般若経』の研究(2) 林純教
(東洋大学東洋学研究所)
9.華厳思想系譜の諸問題 石橋真誡
(京都文京短期大学)
第2部会責任者 福原隆善(9日)・宮澤正順(10日)
第3部会
9日(月)
10:00 1.二河白道式伽藍配置の所在 成田勝美
(京都教区善法寺)
2.経典香語の現代化 小島泰雄
(浄土宗布教師会中四国支部)
3.浄土宗における結婚の証についての提案(1) ―新しい証「行華十念」の可能性― 三荒弘道
(浄土宗布教師会関東支部)
11:00 4.浄土宗における結婚の証についての提案(2) ―「行華十念」を良忠上人の過現門より考える― 鷲見宗信
(神奈川教区中郡組青年会)
5.祭文の研究―語りものとのかかわり― 加藤善也
(滋賀教区弘誓寺)
6.浄土宗声明の譜表等に関する一考察 廣中宏雄
(尾張教区性高院)
10日(火)
9:00 1.浄土宗宗紋の問題点(1)  ―混乱の現状とその原因― 加藤良光
(浄土宗布教師会東海支部)
2.卒塔婆についての一考察 押野尚雄
(山形教区浄雲寺)
10:00 3.浄土宗の法服考 大澤亮我
(京都教区大円寺)
4.浄土宗法式雑考(17) 清水秀浩
(浄土宗総合研究所)
5.一掃除・二勤行 石川三雄
(浄土宗布教師会東海支部所属)
11:00 6.私の念仏信仰 村岡正郭
(浄土宗布教師会東北支部)
7.心の時代と仏教者の意識 山仲良隆
(滋賀教区法善寺)
8.共生思想考(4) 神谷正義
(東海学園大学)
第3部会責任者 竹内真道(9日)・神谷正義(10日)
第4部会
9日(月)
10:00 1.生と死の迫間を繞って ―故深貝慈孝師に見る― 梅田慈弘
(浄土宗教学院会員)
2.欧州における宗教多元化 ―仏教の位置づけ― 岩田斎肇
(静岡教区明輪寺)
3.『仏教読本』について 伊藤茂樹
(浄土宗総合研究所)
11:00 4.観光事業による宗教施設の活用と保存 ―スペインと日本の事例から― 小川慈祐
(鈴鹿国際大学)
5.『無量寿経』現代語訳化における諸問題 袖山榮輝
(浄土宗総合研究所)
10日(火)
9:00 1.一般寺院におけるホームページ運用について 今岡達雄
(浄土宗総合研究所)
2.五重相伝における「合掌―能左所右」の変遷 神田真晃
(浄土宗布教師会近畿支部)
10:00 3.結縁五重相伝会を盛んにするために 正村瑛明
(浄土宗総合研究所)
4.勢観房源智上人は法然上人の聖母の再誕である 石畠俊徳
(滋賀教区浄光寺)
第4部会責任者 袖山榮輝(9日)・正村瑛明(10日)
第5部会
9日(月)
10:00 1.元暁『無量寿経宗要』における十念論について 明山安雄
(大正大学大学院)
2.浄土宗学における相承性と発展性について 曽根宣雄
(大正大学)
11:00 3.九条家における浄土信仰と太子信仰 東海林良昌
(東北大学大学院)
4.日本における水陸会の伝承について 阿川正貫
(淑徳短期大学)
5.傳戒道場における「二戒儀本」について 明山安雄
(佛教大学)
第5部会責任者 明山安雄