浄土宗

浄土宗教学院ホームページ

令和2年度 公開講座予定

||研究会案内(東部/西部) ||総合学術大会案内 ||過去行事記録

公開講座のご案内

 浄土宗教学院では、これまで研究成果の一端を広く公開・発表することを目的に、多くの地域にて、さまざまな形式で公開講座を開催して参りました。
 本年度は、「新出・津島西光寺「一行一筆結縁経」法然上人真筆について」というテーマのもと、先生方に研究成果のご披露を行っていただきます(昨年度に計画していましたが、新型コロナウイルス感染拡大で延期となっておりました)。
 今回は感染拡大に備え、オンラインでの開催となります。この機会にぜひご参加ください。

■ 日  時:令和3年2月26日(金)午後1時30分から午後4時30分まで
■ 開催方式:オンライン会議システムZoomを利用
 ※会場での開催はありませんのでご了承ください。
 ※インターネット環境が必要です。

講師・タイトル
青木 淳 先生(多摩美術大学教授)
「初期源空教団と『平家物語』の時代
   ―新出の愛知・西光寺「一行一筆結縁経」のふくむもの―」
≪概要≫
 数年前に愛知県津島市西光寺の地蔵菩薩像の胎内から「一行一筆結縁経(写経)」が新たに確認された。それは法華経の開・結にあたる「無量義経」と「観 普賢経」、その行末には筆写した人物の名が書かれている。すでに大阪・一心寺 からも「一行一筆結縁経(般若心経・阿弥陀経)」が確認されていたことから、この二つの写経の間にある「何か」がとても気になっていた。
 一心寺経からは「源空=法然上人」の記名が確認されていたことから(浄土宗刊『法然上人聚英』)、さらにその周縁部にある歴史的な、あるいは伝説的な出 来事や人師の動向が明らかになるのではないかと思った。驚いたのは西光寺経の巻頭には天台僧印西(建礼門院徳子の剃髪の師の名に続いて源空上人の高弟長尊・感西・信空・欣西らの署名が続いていたことだった。
多分この写経の研究は、将来的に初期浄土宗の人師の動向を考える上で極めて重要な意味を持つことになるものと思う。

中野 正明 先生(教学院副理事長/京都華頂大学・華頂短期大学学長)
「法然上人真筆文献の再検証
   ―新出・津島西光寺「一行一筆結縁経」法然上人真筆箇所との比較―」
≪概要≫
 『和合』令和元年10月号(浄土宗発行、令和元年10月1日)に青木淳氏によって津島市西光寺蔵水落地蔵菩薩像像内納入品の一行一筆結縁経『無量義経』に大 阪一心寺蔵一行一筆結縁経『阿弥陀経』の法然上人の署名と共通性がある「源空」の自署が確認されるという慶事が報告された。これを機に既知の法然上人真筆文献類と特に筆跡の比較を通して法然上人真筆文献類全体の再検証を行うとともに、その過程で認められる法然上人を取り巻く人物の署名の存在についても考察を加えたい。


  • 参加ならびに申込方法
  • *どなたでもご参加いただけます。参加費は無料です。
    *下記URLの申し込みフォームからお申し込みください。
     https://forms.gle/xyBWkMG4e1EQjeMy8

     電子メールでもお申し込みできます。「氏名」「メールアドレス」
     「所属(浄土宗教師・寺族の場合は教区・寺院名)」を明記して、
     下記メールアドレスに送信してください。
     
    *開催1週間ほど前にZoomのミーティングID・パスワードをメールにて
     ご連絡いたします。
    *なるべく開催3日前までにお申し込みください。直前でのお申し込みは対応できない
     場合があります。
お問い合せ
浄土宗教学院
〒605-0062 京都市東山区林下町416 浄土宗教化研修会館内
TEL(075)525-0480 FAX(075)531-5105
E-mail acad-info@jodo.or.jp